本文へジャンプ

孔子学院とは

北京語言大学あいさつ


北京語言大学校長
崔 希亮

 北京語言大学を代表して、また一個人として、北陸大学の孔子学院設立に熱烈な祝賀の意を表します。
 グローバル化が進む今、世界各国の人々の文化交流は、世界平和を守り、相互理解を促進するうえで大きな力となりつつあります。中国が世界を理解し、世界もまた中国を深く理解するうえで中国語は大切であり、だからこそ、中国と世界各国のさまざまな文化を結ぶきずなとして、中国語の役割が増してきています。
 とりわけ私たちの隣国日本では、中国語を学び、中国文化を理解することが多くの青年たちの夢になりつつあるように思います。北陸大学孔子学院の設立こそは、相互に理解を深めたいという、こうした両国人民の願いにかなうものであり、特に青年・学生間の交流促進の大きな足がかりになると確信しています。
 北京語言大学と北陸大学は長年にわたり、友好的合作と交流関係を保っており、これまでに、学生交換、学部生の共同教育などの分野で実り多い成果を上げています。
 それだけに、北京語言大学と北陸大学が共同で孔子学院を設立したことは有意義なことといえます。今後、両校が、人材、学科、教育資源など、それぞれの優位性を発揮して、中国語教育、中国語講師養成、中国語の教学研究討論会、中国文化活動の共同開催などを行うことは重要であり、日本の中国語愛好者に学習環境を提供することにより、中国語の教学はさらに盛んになるでしょう。
 この両校の友好交流と双方の相互理解を礎として、北陸大学孔子学院が必ず成功を収め、全世界の孔子学院の模範となることを私は固く信じています。ここに、北京語言大学と北陸大学の合作交流がまた一歩、新しい階段を登ったことを心より祝福したします。

北京語言大学概要

 北陸大学と孔子学院を共同設立する提携校は、中国で唯一、外国人に対する中国語教育を専門とする総合大学として知られている北京語言大学です。北京語言大学の前身は「外国留学生高等予備学校」で、外国人に中国語を教育する目的で創立されました。
 この大学には世界各地から多くの留学生が集まっているので、中国語、中国文化、中国事情だけでなく、豊かな国際感覚を養うこともできます。この大学は、中国教育部のもとで、対外中国語教育のパイオニアとして、全世界からの留学生の受け入れの中心的立場を担ってきました。その知名度の高さから、毎年留学生は増え続けています。経験豊富な教師陣、カリキュラム、丁寧な指導方法による奥深い授業には定評があり、中国語教育の研究では国内最高峰の機関と評価されています。
 北京語言大学出版社による教材出版の活動も活発で、中国国内のほとんどの大学が、この大学が編纂した教科書を使っています。また、中国教育部の公認した中国語レベル試験であるHSKの発明校でもあり、現在もこの大学が中心となってHSKを実施しています。大学内でも、年に数回HSKが実施されています。
 中国語教育と中国語言文化教育の普及をその使命とする「北陸大学孔子学院」にとって、ベストパートナーだと確信しています。

ページの先頭へ戻る