本文へジャンプ

孔子学院とは

中国国家漢辧・孔子学院総部のあいさつ


中国国家漢辧主任・孔子学院総部総幹事
許  琳

 北陸大学孔子学院の開設にあたって、中国国家漢辧・孔子学院総部を代表して、お祝いを申し上げるとともに、孔子学院の設立にご尽力いただいた各界の皆様に厚く御礼申し上げるものです。
 中国と日本は、「一衣帯水、一葦可航」の関係にあります。両国の文化交流の歴史は、古く、遥か1200年以上も前には高僧鑑真和尚が日本に渡り、日本からは遣唐使が中国に遣わされました。その中の一人である文学家阿倍仲麻呂は唐代の大詩人である李白、王維らと深い交誼を結んでおります。両国の国交正常化以来40年目をむかえ、その間、政治、経済、文化、教育、科学技術などの多岐多様な領域において、官民を問わず多彩な交流が行われてきました。特に文化交流は、両国民の相互理解と友好を促進してきたところであり、今後とも、大いなる発展の可能性を持っているといえます。
 国際交流が日々盛んとなる今日、言語は交流の最も重要な手段であり、かけがえのない重要な作用を有しています。孔子学院の設置は両国民がより理解と交流を深めたいという切実な希望に呼応したものであります。私たちはこれからも全力で北陸大学孔子学院の運営を支援し続ける所存です。中日双方の相互信頼と緊密な共同により、北陸大学において、必ずや世界一流の孔子学院を作ることができ、両国の文化交流と友好関係の発展に大きな貢献をいただけるものと確信いたしております。北陸大学孔子学院の益々の発展と成功をお祈りいたしております。

ページの先頭へ戻る